カテゴリー
籐の椅子

ベッドは寝室に置く寝台の意味と同じ物です。古くは中国から伝わってきて聖武天皇が使用していたことが分かっています。また奈良時代では天皇だけでなく皇族や官僚なども使用しており普及していましたが、平安時代に移ると居住スペースに畳が出現しそちらがメインとなりました。

しかし明治時代になると欧米からの影響もあり、また普及するようになりました。用途は寝室だけでなく戦時中などは病院の寝床として多く使われていました。

ベッドの歴史と今後
ベッドが日本で普及したのは戦後からであり、古くから歴史ある寝具として知られています。
古来は布団が一般的な寝具でしたが、欧米家具であるソファーと共に現在では欠かせないものとなっています。
ウォーターベッドなど様々なタイプも登場してきましたが、現在は介護のためのものや折り畳み式など生活スタイルによって豊富なバリエーションがあります。

今後も個人のスタイルに合わせて、いろんなタイプを自由に選択できるようになることが予想されます。

ソファーなどを扱う欧米家具ショップでの最適なベッド選び
ベッドで良い質の睡眠を取るためには、体に合ったものを選ぶ事が必要です。しかし、睡眠に適した家具を選ぶというのは簡単ではありません。ソファーなど欧米家具について豊富な品揃えと共に、詳しい情報を知る家具店を利用すれば、良い睡眠ができるベッドが見つかります。

人の体に合わせてどのようなタイプの大きさや種類を選べば良いのか、家具店のスタッフからアドバイスが受ける事ができます。そうすれば、毎日の睡眠の質が格段に上がります。

ソファーベッドが便利です
欧米のような大きな部屋ではない場合には欧米家具であるソファーは置くスペースに困ってしまうものです。日本の住宅事情から考えるとそのスペースがないと言う家庭も多いです。

しかし、そのような日本の小さなスペースであってもソファーベッドならば置く事ができるのです。

座ると言う役割と、寝ると言う役割を一台で兼用できるので、スペースが少ない部屋でも邪魔になりません。

そのため、1ルームの部屋でも置く事ができるので若い世代にも人気なのです。

幾何学ラグ

日本での欧米家具は数年前から、大規模輸入家具店の進出により人気となっています。日本製の家具に比べて強固な作りとしゃれたデザインが話題となり、国内家具と同じくらいのシェアになってきています。

ソファーやベッドなどの大型家具は、有名デザイナーがデザインしたものも多く、機能性はもちろん、耐久性なども十分備わっています。加えて価格もリーズナブルなものが多くあり、今後も欧米家具の人気は上昇していくことでしょう。

欧米家具は直して長く使うのが賢い使い方
欧米家具は、少しばかり値段が張っても最初に良いものを購入し、傷んできたら小まめに補修を行いながら使い続けるのが当たり前として認識されています。この補修のことをリペアと呼び、日本でも家具の輸入販売を手掛ける業界では、プロの補修業者を対象としたリペアスクールなどの教室が開かれています。

食器棚や椅子のほか、ソファーやベッドなども、丁寧なリペアリングを続けることで何世代も受け継いでいくことが可能となります。

ソファーの概要
ソファーは、ゆったりとしたフォルムで柔らかいクッション素材を使用した大きめの椅子のため、事務所での応接で落ち着いて話す場合や、自宅でのリラックスタイムに活躍する家具です。

ソファーの中でも欧米家具の人気が高まっているため、家具店での取り扱いが展開されています。
オシャレな家具のため、ネットショップでは欧米デザインのベッドなども販売しています。
配送サービスや設置対応を申し込むと、重い荷物の設置をしてくれるため便利です。

ソファー等の椅子に座る文化の発展
昔の日本の生活は畳をはじめとして下に座ることが一般的で、日本の茶道文化もそのひとつです。

しかし最近では高齢化とともに膝関節の痛みから床よりも椅子に座ることがいたわりの形となって、椅子に座ったり、ソファーに座るという文化も根付いています。
特に当初の欧米家具のソファーはやわらかくで座り心地がよく、また外国人相手の大きさのため、座ること以外に日本人からするとベッドとしてその上で寝ることもできる広さのものが多いです。

オススメリンク
アーカイブ
カレンダー
2014年9月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930